鶏胸肉のパピヨット、ひよこ豆のサラダ、洋なしのタルト(アトリエフランスごはん)×チュニジアのロゼ


今月のアトリエフランスごはんは9月に引き続いて「スパイシーなお皿(une assiette épicée)」。FUJII LABELさんのオープニングイベントのため2ヶ月同一テーマというイレギュラー開催。実は9月に申し込んでいたのだけれど、9月は父の不幸でキャンセルしてしまったのです。餃子の会を除いたアトリエフランスごはんの全メニューを制覇する私としては、記録が途切れるのも残念なので、10月も同じテーマでよかったわー。

ズッキーニと生ハムのマリネ

アトリエフランスごはん1
金曜日恒例のおまけその1。お腹にたまらないので、アペロとしてつまむのにちょうどいい感じの一皿。パピヨットを焼いている間にいただきました。

モヒート

アトリエフランスごはん2
おまけその2。甘みはカソナードを使うのが美味しさの秘訣とのこと。

鶏胸肉のパピヨット、ひよこ豆のサラダ

アトリエフランスごはん3
タジンをヒントに作ったあやさんオリジナルのパピヨット。とにかく野菜たっぷりで、これぞ「アトリエフランスごはん」!と言っても過言ではないと思います。ハリサというチュニジアのコチュジャンみたいな唐辛子ペーストがピリッと利いていて美味しいですよー。

シロッコ・ロゼ 2011

アトリエフランスごはん4
今回持参したワインはチュニジアのロゼワイン。シラー100%でいちごの香りを持ちながら、スパイシーな料理にとても合うロゼワイン。「シロッコ」とは「初夏にアフリカから地中海を越えてイタリアに吹く暑い南風」のこと。

洋なしのタルト

アトリエフランスごはん5
9月は「いちじくのタルト」でした。10月も下旬になりいちじくの旬が過ぎたので洋なしに変更。もちろん美味しくいただきました。洋なしも大好きなので問題ないです。市販のパイ生地を使う場合は「ベラミーズ」がおすすめとのこと。かくいう私も「ベラミーズ」愛用者です。

アトリエフランスごはん(FUJII LABEL)


関連記事

新着記事

青梗菜のミルクスープ

【レシピブログ】青梗菜のミルクスープ × スペインのロゼ泡

ワイン好きの皆さま、こんにちは!北海道展が終わってフリーター生活を...

記事を読む

バジルオムレツ

【レシピブログ】バジルオムレツ × チリのシャルドネ

ワイン好きの皆さま、こんにちは!現在『にらやBar』をお休みして、...

記事を読む

インカのめざめのローズマリーポテト

【レシピブログ】インカのめざめのローズマリー ポテト × ブルゴーニュのシャルドネ

ワイン好きの皆さま、こんにちは!現在『にらやBar』をお休みして、...

記事を読む

トマトとツナの冷製パスタ

【レシピブログ】トマトとツナの冷製パスタ × スペインのロゼ泡

ワイン好きの皆さま、こんにちは!現在『にらやBar』をお休みして、...

記事を読む

なすのキーマカレー

【レシピブログ】なすのキーマカレー × 大分の赤

ワイン好きの皆さま、こんにちは!現在『にらやBar』をお休みして、...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

  • ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
  • VELTRA
  • Oisix(おいしっくす)
PAGE TOP ↑