【レシピブログ】かつおのカルパッチョ×ビオンタ アルバニーリョ


かつおのカルパッチョ×ビオンタ アルバニーリョ
「オトナ女子のための楽しく学ぶサントリーワインイベント」でお土産にいただいた「ビオンタ アルバニーリョ」と合うカルパッチョレシピを試してみました。

いつもはお刺身かユッケでいただく旬の生のかつおをカルパッチョ仕様に。

今はいろいろな魚を使ったカルパッチョがありますが、「カルパッチョ」って元々赤の色使いが印象的な絵を書くイタリアの画家の名前で、彼が好んで生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけて食べていたことからこの名前がついたそうです。

ま、かつおなら色も赤いし、カルパッチョさんも名乗ることを許してくれますよねー。

かつおに合いそうなトッピングを西友でいろいろ調達して刻み、薄くスライスしたかつおにのせて、かな姐さんのカルパッチョソースをかけただけのカンタンレシピですが、特にオレンジとミントが味のアクセントになり、きゅうりの食感が良かったです。

もちろん、かつおの旨みとオレンジの酸味と果実味が、シュー・ル・リーで旨みを閉じ込めたビオンタとこの上ないマリアージュ!

家族にも好評で、お酒がすすんでしまったと嬉しいクレームをもらいました。

これ、ホントに美味しいので試してみて。
オレンジとミントはマストですが、あとは冷蔵庫にある野菜を適当に刻めばOKです。

材料(2人分)

生かつお 1さく
トマト 1個
オレンジ 1/2個
きゅうり 1/2本
アイスプラント 2本
スペアミントの葉 10枚

かな姐さんのカルパッチョソース(少しアレンジしました)
●ワインヴィネガー 大さじ1
●塩 少々
●粗びきブラックペッパー 少々
●にんにくのみじん切り 1/4かけ分
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 大さじ2

作り方

1.●を混ぜ、ブレンダーでかき混ぜながら、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを3回に分けて加えてカルパッチョソースを作る。
2.生かつおは薄くスライスして皿に平たく並べる。
3.きゅうり、トマト1/2個、皮をむいたオレンジは8mm角に切る。残りのトマトはくし切りにする。アイスプラントはざく切り、スペアミントは葉をちぎる。
4.2に3をトッピングし、1のソースをかけて召し上がれ。

参考

かな姐さんのカルパッチョレシピ


関連記事

かつおユッケ

かつおユッケ×シノンの赤

かつおが美味しい季節ですねー。生のかつおが手に入ったら必ず作る料理...

記事を読む

新着記事

豆乳チャイ

【レシピブログ】豆乳カルダモンチャイ

ワイン好きのみなさま、こんにちは!伊勢丹立川の北海道展初日を迎えた...

記事を読む

パンチェッタとアスパラガスのオイルパスタ クミン風味

【レシピブログ】パンチェッタとアスパラガスのオイルパスタ クミン風味 × 北海道のピノノワール

ワイン好きのみなさま、こんにちは!29日で伊勢丹相模原の北海道展が...

記事を読む

パンペルデュ

【レシピブログ】パンペルデュ × 日本の甘口ロゼ

ワイン好きのみなさま、こんにちは!約2週間続いた伊勢丹府中店の大北...

記事を読む

いかとオリーブのトマト煮

いかとオリーブのトマト煮 × 日本の辛口のロゼ

ワイン好きのみなさま、こんにちは!伊勢丹府中店の大北海道展真っ只中...

記事を読む

なすとゴルゴンゾーラのブルスケッタ × 2015 カザーレ・ヴァレッキエーザ フラスカーティ・レ・ルッビエ

【レシピブログ】なすとゴルゴンゾーラのブルスケッタ × イタリアの白

ワイン好きのみなさま、こんにちは!3年目に入って、これまで一度も雨...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

  1. こんにちは!
    サントリー事務局です。
    先日はイベントにご参加いただきありがとうございます。

    また、カルパーコンテストのご参加もありがとうございます!
    とっても美味しそうなカルパッチョのお写真を拝見して
    思わずメールさせていただきました!

    鰹のカルパッチョ、いいですね!またオレンジとミントで
    さっぱりと仕上がっていて私も今夜試してみようかな
    と思いました。ニンニクもアクセントになって食欲がそそられそうですね^^

    なお、コンテストは何回投稿してもOKですので、
    もしお時間ありましたらまたの投稿をおまちしております!

    では、本日もにらさんにとって素敵な一日になりますように。

    サントリー事務局




管理人にのみ公開されます

  • ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
  • Oisix(おいしっくす)
PAGE TOP ↑